スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>宮崎深刻、感染さらに拡大 西都や木城でも(毎日新聞)

 農林水産省と宮崎県は10日、都城市高崎町の農家で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)特有の症状を示していた肥育牛が遺伝子検査の結果、陽性と判明したと発表した。日本最大級の畜産地帯である都城市で感染疑い例が確認されたのは初めて。県と市は10日、この農家が飼育する208頭すべてを殺処分し、埋却した。口蹄疫特有の症状を示す家畜は10日、宮崎▽日向▽西都の3市と木城、川南両町でも見つかり、宮崎での感染拡大は歯止めがかからない状況だ。

 県と都城市は10日夕、この農家を中心に家畜を動かせない移動制限区域(半径10キロ)、運び出せない搬出制限区域(同10~20キロ)を設定した。市によると、半径10キロ内の牛・豚は約17万頭で市全体の37%、同20キロ内だと約33万頭で70%に達する。既にJA組織を通じて周辺農家に移動の自粛を求め、移動制限区域内にある食肉処理場も稼働を停止した。

 県によると、発生農家で診察した獣医師から9日、よだれを垂らしている牛がいると県に届け出があり、県が立ち入り検査。3頭に舌のただれなど口蹄疫特有の症状がみられた。農水省も写真で確認し、同じ部屋で飼育されている9頭の殺処分を決定。この農場で飼われていた残る199頭についても、都城市が日本最大級の畜産エリアであることなどから、検査結果を待たずに全頭を殺処分した。

 県は当初、この農家の飼育頭数を250頭としていたが、その後208頭と分かった。

 一方、3市のうち宮崎市と日向市で口蹄疫特有の症状を示す家畜が見つかったのは初めて。宮崎市のケースは、1325頭の豚を飼育する同市跡江の養豚農家で、3頭の豚の鼻などに水泡があるのが見つかった。市は1325頭を殺処分する。

 日向市では、349頭の肉用牛を飼育する肥育農家で、3頭の牛に口中のただれなどが見つかった。市は感染疑いの可能性が高いと判断し、10日午後から全頭殺処分を始めた。

 また、西都市での疑似患畜の発生は6月1日以来。550頭の牛がいる同市三財の農場で、舌にただれがある牛3頭が見つかった。西都市には、宮崎県の畜産業を支えてきた「スーパー種牛」5頭が避難中で感染拡大が懸念されるが、この農場と避難先は20キロ以上離れており、市は現時点で感染の可能性は低いとみている。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎・日向の牛にも症状
口蹄疫:「自衛しかない」 最大の畜産地・都城、悲嘆
口蹄疫:菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合
口蹄疫:宮崎・都城の肥育牛「陽性」 208頭殺処分
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市

殺処分の強制地域を指定=農水省(時事通信)
3事業を全面見直し=総務省(時事通信)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
無免許運転の住職実刑「指導すべき立場でしょ」(読売新聞)
日光東照宮など申告漏れ=3社寺で総額5億円―駐車場収入や数珠販売・国税指摘(時事通信)
スポンサーサイト

<赤松農相>「調査捕鯨は認められている」 豪の提訴方針に(毎日新聞)

 豪州の提訴方針発表について、赤松広隆農相は28日、記者団に「事実なら大変残念だ。調査捕鯨は(国際捕鯨取締条約で)認められており、それに従ってやっていく。日豪関係全体を悪化させたくないが、駄目なものは駄目と主張していきたい」と述べ、6月にモロッコで開かれる国際捕鯨委員会(IWC)総会などで反論していく考えを明らかにした。

 豪州はIWCで調査捕鯨廃止が認められなければ国際司法裁判所に提訴するとしていたが、事実上それを前倒しした形。その点について赤松農相は「豪州も秋に総選挙があり、労働党政権は厳しい。そういうことも多分、背景にある」との認識を示した。【行友弥】

【関連ニュース】
メチル水銀:鯨の町・太地、一部住民の毛髪から平均の4倍
シー・シェパード:「代表に言われ監視船に侵入」 元船長
シー・シェパード:初公判 元船長は傷害罪を否認
シー・シェパード:代表の逮捕状、海上保安庁が取得
オーストラリア:捕鯨で日本を国際司法裁判所に提訴へ

ヤミ金グループ9人を逮捕=全国で被害3億円超か―山形県警(時事通信)
豪、捕鯨で日本を提訴へ(産経新聞)
<普天間移設>「条件付き容認」辺野古区の行政委員会が決議(毎日新聞)
西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)
小沢氏「会期内」強調 郵政、強行突破も(産経新聞)

女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分-不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)

 交際していた女性の同意を得ず、薬を点滴するなどして堕胎させた事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が女性に結婚する意思があるように装っていた疑いのあることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 婚姻届を用意したとの情報もあり、警視庁捜査1課は同容疑者の交際の実態と堕胎させた経緯を詳しく調べている。
 捜査関係者によると、小林容疑者は結婚していたが、これを隠して女性と交際。女性から妊娠したと聞かされた。
 女性は「(小林容疑者を)信じていた」と説明。言動などから結婚できると思っていたといい、同容疑者が婚姻届を用意した形跡もあり、同課が詳しく調べている。
 女性は子宮収縮作用のある錠剤3日分6錠を受け取り、一部を服用。妊娠6週の時期に、自宅で点滴を受けた直後にトイレで流産した。使われた陣痛誘発剤は効果が強く、同課は小林容疑者の強い意思を示しているとみている。 

最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺(産経新聞)
「無駄」「根拠示して」 天下り法人ばっさり 仕分け第2弾後半戦(産経新聞)
新型インフル感染1年 消えぬ心のつめ跡 (産経新聞)
<女子高ボクシング部>でも「殴り合いはイヤ」!? 高校総体に初参加(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>「多い日は100個以上」「気持ちがマヒ」 全宝協元社員(毎日新聞)

「憲法改正」で石破氏と保利氏が対立(産経新聞)

 自民党憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)は13日、党独自の憲法改正原案について、今国会の会期内提出に向け作業を進める方針を確認した。ただ、石破茂政調会長が12日、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が施行される18日に、改正原案を提出する考えを表明したことに対し、保利氏が反発。党の政策責任者と憲法改正の担当者が対立する異例の構図が浮き彫りになった。

 保利氏は会合で、「自民党が長い歴史を持って憲法改正を勉強したことを考えると、全項目を整えて国会に提出した方がよい。(18日ではなく)もう少し時間がほしい」と述べた。

 保利氏が改正原案の早期提出に慎重論を表明したのは、石破氏が財政健全化と憲法改正手続きに絞った改正原案を国会に提出する意向を表明したためだ。

 保利氏は、「さらに議論を深めるべき論点」として、前文の書き方▽天皇と元首▽国旗と国歌▽安全保障と9条▽一院制か二院制か▽地方分権と道州制▽憲法改正要件の緩和-の7項目を提示した。

 前文については、日本の国家としての理念や、目指すべき方向を明記していく考えを示した。9条関連では、平成17年に党が発表した新憲法草案の「自衛軍の保持」をそのまま盛り込むほか、「自衛権を守るための自衛軍」であることも明記する意向を表明した。

 会合では、夏の参院選マニフェスト(政権公約)への対応も話題となった。社会保障など全9項目にわたって盛り込まれたマニフェスト原案では、憲法改正が最後に掲載されていたため、森喜朗元首相が「盛り込む以上は1番目に書くべきだ」と見直しを求めた。

 保利氏は会合後、谷垣禎一総裁と今後の対応をめぐり協議。谷垣氏はその後の記者会見で、「まだいくつかの分野で難しい論点が残っているようだ。全体像を示すとなると、まだ時間がいるのかと思う」と述べ、保利氏に一定の理解を示したが、改正原案の取りまとめ方への言及はなかった。

【関連記事】
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」
推進本部は会期内提出を確認 憲法改正原案で自民党
国民投票法の施行前に…清新な憲法をテコに保守団結を
政治は“片手間”谷亮子氏の現役続行宣言に「なめるな」の声
【鳩山政権考】法律も公約も認めぬ「民主」党
少子化を止めろ!

患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕-三重県警(時事通信)
6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合(医療介護CBニュース)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
<本>元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず-普天間(時事通信)

福祉国家論の有識者からヒアリング―厚労省PT(医療介護CBニュース)

 医療・介護の国際競争力を強化する政策などについて検討する厚生労働省の「『未来への投資』プロジェクトチーム」は4月22日、福祉国家論に詳しい北大大学院法学研究科の宮本太郎教授からヒアリングを行った。

 宮本教授は、着実な経済成長を伴う次世代の社会保障基盤として、雇用につながる社会保障の仕組みが必要だと指摘。一つの分野にとどまりがちな現状の硬直化した就労スタイルではなく、複数の分野を行き来できる柔軟な就労を支援する公共サービスなどを充実させることが重要だとした。


【関連記事】
医療、介護で「未来への投資PT」設置―厚労省
次期報酬改定の本体部分「原則引き下げ」―財務省が方針提示
「事業仕分け」WGの結論、政権公約と合致せず-日医見解
【中医協】入院基本料の一律引き上げめぐり対立激化
小学校高学年など年内に前倒し―新型ワクチン接種

鉄製扉倒れ、男子生徒2人けが=運動公園野球場-岩手・遠野(時事通信)
「解決へ制裁強化を」=北朝鮮拉致で国民集会-東京(時事通信)
政党交付金、8党に支給(時事通信)
和牛3頭、口蹄疫に感染=国内で10年ぶり-宮崎県(時事通信)
古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市〔地域〕(時事通信)
プロフィール

つぼたえつお

Author:つぼたえつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。